* Canon EOSとEF600mmでの撮影分を重点的に掲載しています。
** 当サイトに掲載している画像、文章などの内容については当方に著作権がございます。

2012年1月31日火曜日

ヤマセミ2012 -3-


水浴び後はこちらのすぐ近くに来ました!
全く想定外のことで、こちらはパニックになりました。
嬉しさや驚きよりも、普段ほとんど付けないテレコンを付けて
いることに、泣きそうな気持ちになりました。。

「大胆な雄ヤマセミ」

*ノートリ。
**EOS-1D MARK IV + EF 500mm f4L IS USM+1.4X III

ほぼ、最短撮影距離付近。
まさに、手を伸ばせば届くような。。
カメラに写し撮ったヤマセミよりも、ファインダーから見るヤマセミよりも・・。
ブラインドの隙間から見たヤマセミの息遣いとその姿が今も忘れられません。

8 件のコメント:

  1. いい表情をしていますね
    私なら手が震えてしまいます。

    しっかりと撮りきった素晴らしい写真ですね。
    流石です。

    返信削除
  2. 素敵じゃないですか。
    これだけ近いと、テレコン駄目ですか。
    画が落ちるとは言いますけれど。
    自分からしてみたら、なんら不満の無い出来です。
    これで、ヤマセミとの距離は何mくらいですか。
    息遣いと息遣いが重なり合う緊張した空気が支配するシーン、思い浮かぶようです。

    返信削除
  3. これは素晴らしい。この被写界深度で目にきっちりピント、というのはあせっちゃうとできないものなのですが、さすがですね。ですが、あーテレコンorzという気持ちもよく分かります。千載一遇のチャンスだからこそセッティングは万全なときに来て欲しいですよねー。

    返信削除
  4. TOMさん

    TOMさんほどの撮影技術は身につけておりませんので、ただとにかく
    いつも丁寧に撮るようには心がけております。

    どのような形であれ、野鳥にプレッシャーをかけている状態は間違いないので、
    折角ですからきちんと綺麗に撮ってあげないと、とは思います。

    返信削除
  5. yoshikさん

    距離は2.5mくらいかな?
    いやいや、写ったのですから4.5mは離れていたということになります ^^;

    ブラインドを気にする日もあれば、このような日もあり、
    ホントに気まぐれな鳥だと思います。

    返信削除
  6. HouseSparrowさん

    ヤマちゃんは気まぐれだから、こういう時に来るのでしょうね ^^;

    テレコン外そー、あー無理!
    やっぱり外そ、あーレンズお辞儀しそう、ロックして・・そんな暇ない、やっぱ無理!
    せめて縦構図にしたら、フレームにたくさん入るかー。。
    んー、ドタバタですねぇ。。

    返信削除
  7. こんにちは~
    ホントにとてつもなく被写界深度が浅いですね。
    よく目にピントあったものです。
    ただ画像として見るだけでなくそういったところまで見ると一枚の写真にもドラマがあるのですね~
    画像ではない写真の重要性を感じます。

    返信削除
  8. 菊銀さん

    撮影パターンとして考えれば、
    ”A”というパターンが好きでハマっていても、常に”B”や”C”のパターンも考えねばなりませんよ。
    そして、”D”や”E”というアイデアはないか?ということも常に模索しておかないと。

    良い撮影アイデアは、仲間内にすぐに広まりますし、そういった撮り方の中で
    また新たな撮影スタイルが仲間から生まれる・・。
    それを吸収して自分自身も少しずつ大きくなる、と。

    菊銀さんがNEX-7に行かれたのも、何らかの運命かもしれませんよ(笑)

    返信削除