* Canon EOSとEF600mmでの撮影分を重点的に掲載しています。
** 当サイトに掲載している画像、文章などの内容については当方に著作権がございます。

2012年7月22日日曜日

近所の蓮

近所のお寺さんに行ってきました。
あまりテスト撮影を意識せず、撮影そのものを楽しんできました。
予想とおりではありましたが、残念ながらピークは過ぎていましたが、
早朝の撮影は気持ちよかったです。
ISO 100

ISO 125

ISO 100

ISO 160

*EOS-1D X + EF70-200mm f2.8L IS II(ここまで。)
**EOS-1D X + EF500mm f4L IS + 1.4X III (ここから。)
ISO 500

ISO 800

ISO 4000

ISO 8000

10 件のコメント:

  1. 流石ですね。
    ISO8000でも十分です。

    返信削除
  2. discoさん、まいどです!

    記事などでありがちな、明るい目の場所での高感度テストは役に立ちませんよね。
    お寺の杜は薄暗くて、テストには丁度良かったです。

    実際にはss=1/800、F5.6、ISO3200の環境下でして、SS上げてちょっと絞っての8000。
    本当にISO8000にしなければならない環境下では、メロメロになると思いますよ。^^;

    返信削除
  3. 渓谷旅団さん、どうもです。

    新カメラ導入、おめでとうございます!
    ISO8000ですか!
    凄~~~!
    これからのご活躍、楽しみにしています。

    返信削除
  4. yoshikさん、ありがとうございます。

    撮影はカメラまかせで自動化されており、フレーミングに集中できます。
    ただ、ピントが激薄になり、そのあたりに注意が必要になりそうです。

    返信削除
  5. ISO800が普通に使えそうですね。
    カメラまかせの撮影がどのようなものかピンとこないけど。
    興奮を抑えられないような素晴らしいカメラに出会ったようですね。
    私はMarkⅣに興味があります。
    よろしければHPにメール送信メニューがありますので
    ご一報頂けますか。
    ブログの隠しコメントでも同じです。

    返信削除
  6. 1DX購入おめでとうございます。
    流石にカメラ屋の最新フルサイズ機ともなると凄まじいですね。
    ISO8000であの写りですかぁ?ケタ違いです。
    1DXでのこれからの野鳥写真を楽しみにしております。

    返信削除
  7. TOMさん、まいどです!

    私も同感です。
    ISO400~800あたりは良く使う帯域なので、さらなる高感度域よりも
    この帯域の画質が最も重要と考えています。
    ×△○◎で、Xで◎◎、Mark IVでも◎、7Dはノーコメント。^^;

    でも、7Dは残します、これは迷いはありませんでした。
    新型レンズになれば、見違えて良くなること間違いないと思ってますので。

    返信削除
  8. 菊銀さん、ご無沙汰しております!

    若干、私の掲載の仕方にギミックがアリ。^^;
    同じ画角で撮るならば、Mark IVなら、500mm素でF4、ss=1/800、ISO1600で
    撮れる場面ですので、シビアコンディションの入り口あたりでしょう。

    Mark IVでのISO1600環境下、すなわち多くのAPS-C機のISO800環境下の光源レベルで、
    さらにSS稼ぎたい、さらに絞り込みたい、ということが1D Xでは可能になっている、と読み取っています。

    一方、やむなくISO8000にしなければならない環境下では、期待しない方がよいでしょうね。

    返信削除
  9. 最近NEX-5Nを入手してその高感度性能に感動しておりましたが、こんなの見ちゃうとオモチャの域だと思ってしまいますね。実際価格的にそうなんですけど(^_^;)

    おっしゃるような環境下でSS稼げたり絞れたりするってのは鳥撮りで威力発揮しそうですね。
    高価であっても気に入ったモノであれば高くはないと思いますしこれから撮影が楽しくて仕方ないでしょうね。
    したい事も我慢して身を削って稼いで購入したモノであれば尚更です。
    自分なら毎晩抱いて寝ますよw

    返信削除
  10. 菊銀さん

    ”昭和的な方法論”で、得たお金でモノを買う。
    考え方としては古いかもしれませんが。
    それでもこの国はまだまだ捨てたもんじゃない!と思います。
    今宵もいい夢見て寝ます。(笑)

    そして休日には気楽に写真撮影を楽しむ。
    至福のひとときですよ。

    またどこかのフィールドでお会いしましょう。^^

    返信削除