* Canon EOSとEF600mmでの撮影分を重点的に掲載しています。
** 当サイトに掲載している画像、文章などの内容については当方に著作権がございます。

2012年10月8日月曜日

ノビタキ2012 - 1 -

久しぶりにやっとこさ撮影に出れました。
体調不良のため、ヤマセミ渓谷行きは早々に断念。。
かわりに三田市まで田園散策を楽しんできました。

そこにはセイタカノビとススキノビ^^
お天気も良く、7Dを久々に使ってみました、ノートリです。


ファインダーを覗いていて、
「あ〜、また前向き〜お腹ばっかり・・。」
バックショットはまた来年のチャレンジとなりました。

4 件のコメント:

  1. ご苦労様です。
    私も4箇所ほど回ってきましたが余り良い成果は上がりませんでした。
    それでも帰りがけに寄った近所の公園でエゾビタキとキビタキのメスを撮る事が出来ました。
    今使ってるボーグのアクロマートAFはかなり使えます。
    ピントもバッチリ合うので嬉しくなりますね。

    返信削除
  2. メーカーの最新技術を享受している身からしますと、想像を超えたところにあるお話しですが、貴殿のご尽力と技術力には敬意を表します。

    僭越ながら申し上げますが、ブレ対策にも取り組まれたらいかが?、と思います。

    返信削除
  3. 綺麗なボケ味の写真ですね。
    風を感じますが秋のさわやかさより
    春の優しさを感じてしまうのは
    現像時にあまり手を加えていないからでしょうか。

    返信削除
  4. TOMさん、まいどです。

    私はいつもDPPで現像ですが、トーンカーブとシャープネスを調整程度で
    ほとんど手を加えてません。
    今回はそのときの状況のまんまで意図する方向にも振ってません。
    そうやって出て来た画ですが、カメラは極めて正確にそのときの状況を
    記録しているように感じてますので、これで良いかな、と。

    昨日は、発熱を押して出かけた割には、順風満帆ではなかったです。

    朝、車を走らせていますと、道中のコスモス畑で
    あの辺りのフィールドの重鎮Y氏が撮影されていましたよ。
    昨日の記事にコスノビが、今日の記事に蕎麦ノビが、Y氏のブログに載っていますよ。

    昨日の私は、コスノビはまたの機会がありますからスルーで、
    蕎麦畑に直行したのですが、さんざん待てども不発でした。
    やむなく、河川敷で狙ったのが今回のノビタキですが、時はすでにお昼前でした。
    そんなこんなの・・今回の描写です。

    なお、EOS 7Dは、野鳥撮影用途としては、今回が最後と決めました。

    返信削除