* Canon EOSとEF600mmでの撮影分を重点的に掲載しています。
** 当サイトに掲載している画像、文章などの内容については当方に著作権がございます。

2013年1月3日木曜日

家族旅行中。

別宮の大かつら。
何度目の冬を迎えたのだろう・・。
EOS 6Dでカメラ内現像、Wi-Fiでスマホに転送。
純製アプリで投稿出来るので、bloggerは良いですよ。

4 件のコメント:

  1. 新年あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いします

    6D買われたんですね
    山ではみんな月見台から
    ワイヤレスでリモート撮影していますが
    6DはWi-Fiで映像を見ながら
    撮影できるからいいですね
    タイムラグはどですか?

    では、また(^.^)/~~~

    返信削除
  2. 反応抜群ですよ!

    天体の方々はすでに暖かい車内からの撮影を享受しているようです 笑
    鳥屋さんは7DmarkIIからですね!?

    私は自分の撮影スキルをまだまだ向上させたいので、今のところはリモート撮影の予定は全くありません。

    それでも離れた後ろのベンチから、撮影分のピントチェックしたり、絞り値やSSの変更ができますので、これはかなりの便利機能となりそうです!

    返信削除
  3. Wi-Fiはそう言った使い方が出来るのですね。
    でも電池馬鹿食いしそうで怖いです。
    α77で電池の馬鹿食いには懲りてますので。
    そう言えば中国サイトで電波で映像を送れるレリーズを売ってました。
    ¥40000位するので辞めましたけど、もうそう言う時代ですね。

    返信削除
  4. Discoさん

    今回Canonが6Dに載せてきたものは、明らかにプロトタイプ的なものです。
    ですが、その”プロトタイプ的なもの”でも、「使える!」レベルなものでした。

    EOS Remoteによるバッテリーの持ちについてのネガな報告は今のところは聞いておりません。
    とにかく、天体屋さんからは苦情は出ていない現状ですね〜。
    6Dの電力消費についてはネット情報では、GPS機能のほうが問題視されておりますが・・。
    でもこれも、大した問題ではない。なぜなら、私がテスト済み ^^v

    Canon機で現在のところ消費電力を一番問題視したいのは、1D X のiTR AFではないかな〜 爆

    Canonってー会社は結構、フトコロ深いですよ〜 ^^

    返信削除