* Canon EOSとEF600mmでの撮影分を重点的に掲載しています。
** 当サイトに掲載している画像、文章などの内容については当方に著作権がございます。

2014年11月7日金曜日

ひさしぶりのビオトープで。

昨日は朝からいつもの公園へ行ったが、
草刈り作業とのことで諦めざるを得なかった。

そこで西の方へ行ってみました。
最初は珈琲館の前へ行ってみたが、園内は鳥の気配が全くない。
あるにはあるのだが、ヒヨドリたちが右往左往しているばかり。

なので、以前いつ訪問したかさえ記憶にないくらい久々に
ビオトープ池へと行ってみた。

エリアに足を踏み入れたところ、なんだかダークな空気を感じる。。
よどんだ空気とでもいうのだろうか・・。
現在の常連さんだろうか、大先輩の年齢の方が3人ほど。
大きな声でみなさん楽しそうに能書きをかたっておりましたよ。
ここで一週間過ごせば、立派な老人らしい老人になれることでしょう。

その方たちと一緒に過ごしたくないらしい大先輩な年齢の方が
私のあとにいらして、その方と2人で東屋の奥で待機していましたら、、
出てくれました!!

こちら2人が軽快に連写音を響かせている間も、
向こうでは大きな声で談笑してました。
一体、何しに来てるんだろ?

その間カワセミは、飛び込むそぶりばかりで、なかなか飛び込まず。
はよー飛び込め!と、こちらは思っていたのですが、時すでに遅し。
向こうの爺たちが気づいてこちらにワサワサやってきて、残念無念終了。。
そのときの飛び出しのシーンをご覧ください。
1DXとロクヨンで撮影しました。




今の時期は、飛び込みよりも飛び出しを撮るチャンスが多いと思うので、
そちらの対応向きのを自分なりに考えてカメラに設定してみた。

7D2ではどうなのか分からないが、1DXでは「Case 4」という
「被写体が急加速/急減速するとき」をベースに考えた。
実際には変更したのを使った。

被写体追従特性 -2
速度変化に対する追従性 +1
測距点乗り移り特性 1

これを領域拡大AF(上下左右)で使ってみた。
2枚目でピントが枝残りせずカワセミに付き、
3、4枚目でバックに抜けなかったので、効果はあったのでは、と思う。

横移動でたまたまピント面が一致していたのでは?、
という意見もあるかもですが、ロクヨンの被写界深度では
もっとアウトフォーカスのはずです。

とにかく、カメラの最初の挙動は、そのあとの撮影結果にも影響するみたいです。
なにせ測距点は全く合い続けていませんから・・。
7D2の方にも参考になるといいな、と願っております。

9 件のコメント:

  1. 今晩は。
    色々とテストされていて参考になります
    飛んでいる綺麗な姿を撮りたいと思っていますが、中々巧くいきません。
    現地で会えばよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 飛び出しについては、カメラの設定次第で撮れることが分かりました。
      5D3はどうなのか? テストしてみないと。
      Canonのことだから、もしかするとここまでの能力は与えていないかもしれない。
      7D2はどうなのか?
      Canonのことだから、今回はこちらにはきちんと能力を与えてるのではないかなー。

      削除
  2. AFフレームが枝にかかってないから枝残りせず
    追従してるんでしょうね
    自分の場合こうゆう所はcase6が多いです
    水絡みだけを狙ったときはcase3が多いです
    1DXはカメラがカワセミを認識すれば
    1点でまったく外れていても追っかけていきますから
    では、また

    返信削除
    返信
    1. カメラの設定が決まれば、あとはレンズのモーターのスピードですね。
      あるいは、モーターのスピード次第で、カメラの設定も変わる、と言えるかな。

      削除
  3. なんだか、カメラ凄い難しそうです!(大汗)
    馬鹿な自分には、扱えそうにありませんね!orz
    宝の持ち腐れになる確率100%の自信があります!(ToT)
    性能は、素晴らしいのでしょうね!
    m4/3使いごときには想像も出来ない世界です!

    返信削除
    返信
    1. 技能がどんどん要らなくなってるんですよ。
      同じEOSでも70Dで十分撮れるが、70Dの方がスキルが求められる。

      で、馬鹿なのは私です。
      EOS-1DX以降、この分野で技術変革が起こっていたこと、
      実物を持っていながら、そのことに気づくのに2年かかりました。
      7D2ですそ野が広がり、ようやく気づいた次第です。

      「70Dでも撮れますよ。」
      と、今でも思っていますが、
      お金を払って上級機を手にすることは、
      高価なモノを買っているという単純な話でもあり、
      時間の対価を支払ってスキルアップの時間を短縮している、
      、、とも言えるでしょう。

      いずれにせよ私は、はるか以前より同じこと繰り返して言ってますが、
      この分野はCかNしかないですよ。
      yoshikさんは自分のご意思でオリを選んでいらっしゃるのですから、
      もっとご自身の求めるところを深化させるべきではないですか。

      削除
    2. 渓谷旅団さん、ありがとうございます!m(_ _)m
      勉強になります♪
      しかし、自分、本当はCが良いかもしれません。
      しかし、お金無くオリしているだけであります。
      オリの気に入っている所は、軽い所です!(笑)
      でも、Cに乗り換えたとしても、本当に多機能機は使いこなせません!(ToT)

      削除
    3. Cで多機能といえ、それを使いこなしたりなんてしないですよ。
      自分の用途に合う機能だけ、つまみ食いのように使うだけです。

      50FLとEM-5。
      ハードウェアとしては軽いのはよいことでしょう。
      でも、中身も軽く考えてはいけません。
      その真のところは、もっと濃くて重厚かもしれませんよ。

      削除
    4. ありがとうございます♪
      そこを引き出せるかは、本人次第ですよね!
      カメラは、本当に駄目ですorz
      でも、まあ、好きですからね!
      頑張ります!

      削除